+ANGELS support+ ~天使のサポート






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


第三回*白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命" :: 2008/09/12(Fri)


こんにちは 白峰朱蓮です。

第三回「四柱推命」
お気楽に、お気楽に読んでくださいね。


今回は「五行同士の関係」です。

前回、五行説の説明で、
「万物は 木・火・土・金・水 五つの元素から成り立っている」
と、書きました。

ではその五つが、互いにどのように作用しているか、という
その流れが、四柱推命の基本中の基本です。


*相生* 生み出す関係
「木」は燃えることで「火」を生む。
「火」は燃えきると固まって「土」を生む。(焼き畑を思い浮かべてください)
「土」の中から「金(鉱物)」は掘り出され
「金」を溶かせば「水(液体)」になり
「水」は「木」を育む。

このように二つの五行がお互いを助け合い、生み出していく関係を
「相生」(そうじょう)といいます。

*相剋* 打ち消す関係
「木」は「土」の養分を吸い取る。
「土」は「水」を濁らせ、せき止める。
「水」は「火」を消し、
「火」は「金(鉱物)」を溶かし、
「金(鉱物)」は「木」を倒す。(この場合は斧になります)

こちらは二つの五行が傷つけ、エネルギーを奪いあう関係です。
「相剋」(そうこく)といいます。



例えば、
「木」の性質を持つ人がいたら、

「火」の人を見ると、何かと世話を焼きたくなって(相生の関係)
「土」の人から見ると、ちょっとうっとおしかったりして(相剋の関係)
「金」の人は苦手で(相剋の関係)
「水」の人には甘えたくなる。(相生の関係)

こんな感じ。
でもバランスの問題なので
上記の関係に必ずなる、という訳ではないですよ。

相性とか知りたいときに、知っておくと便利かも(^^)
ちょっとだけ、占いっぽくなってきましたね~



最後にひとつ。
紙に星を書いてください。
よく書いたことがあると思います、一筆書きの星。

その星の先に、ひとつずつ
「木」「火」「土」「金」「水」
と順に書いてください。
この星の線の関係が相剋です。

このマーク、見たことあるかた多いと思います。
「セーマン」です。
安倍晴明が考案したといわれる魔よけの紋。
負けないっっっ!!!
って、大声で言ってるみたいな紋ですね。






では次回、「五行と陰陽」でお会いしましょう!


白峰朱蓮





スポンサーサイト
  1. *白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命"
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<水晶の日 | top | ★SHOP info★新作サンキャッチャー"Autumn Roses ">>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://angelssupport.blog60.fc2.com/tb.php/70-fb612cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。