+ANGELS support+ ~天使のサポート






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


「私をたどる物語」 :: 2010/10/08(Fri)

ずっと忘れていた‥‥
長い間思い出せずにもがいていた感覚

細胞が歌うということ。


声帯が心地よく疲労する感覚
閉じていた扉が少しずつ開いていく感覚
細胞が喜んでいるのがわかります。



静かに心に響く
私の好きな曲の歌詞をご紹介。




「私をたどる物語」
          歌:熊木杏里
          詞:武田鉄矢


頬をぶたれた 少年がひとり
日暮れの道で 泣いている
父が憎いと 声とがらせて
涙でゆがんだ 空見てる

遠い未来が 不安でならず
呼ばれて 返事しなかった
だけどやっぱり きみが悪いよ
自分を隠しているからさ

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を 書くのです
白いノートの 私にだけは
夢を話してゆくのです

君しか書けない その物語
私という名の物語


髪を切られた 少女がひとり
鏡の前で 泣いている
母が嫌いと 声をつまらせ
自分を悔しく にらんでる

ちがう親から 生まれていたら
ちがう自分に なれたという
だけどやっぱり きみはちがうよ
そしたらきみは いなくなる

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を 書くのです
白いノートの 私とだけは
ずっと仲よく するのです

君がたどってゆく物語
私という名の物語




スポンサーサイト

テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

  1. *言の葉
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ラジオ「心の冷え症外来」 | top | 忘れられなくても‥‥>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://angelssupport.blog60.fc2.com/tb.php/513-16e7d63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。