+ANGELS support+ ~天使のサポート






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


第九回*白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命" :: 2008/11/07(Fri)


こんにちは  白峰 朱蓮です。

前回までで「陰陽」「五行」と「十二支」が終了して
次回はなんと第10回の、今回は第9回です!

と、云うわけで今回はおさらいをかねて
「実は陰陽とか五行って、難しくないんだよ」って
番外編です。


いつもよりいつもより
お気楽にどうぞ~♪



☆四神相応

「四神」とは東西南北を守護する聖獣です。
昔から繁栄と平穏を祈り、大きな都を作る際
まことしやかに囁かれる、風水の存在。
これは、現在に生きる五行の手法です。

 
方角   四神    地形   十干   十二支  土気   色 
東 =青龍(木精)=河川 =甲・乙 =寅・卯  辰 =青   
西 =白虎(金精)=大道 =庚・辛 =申・酉  戌 =白   
南 =朱雀(火精)=大池 =丙・丁 =巳・午  未 =赤(朱) 
北 =玄武(水精)=山  =壬・癸 =亥・子  丑 =黒(玄) 
中央=黄龍(土精)=戊・己 
     (麒麟)

中央、入れようかどうしようか迷うところですが、
「四神」は、どこかで聞いたような名前ですね。
青龍と白虎は、テレビ番組でもビジュアル化されています。
朱雀は、イメージとしては、「鳳凰」や「フェニックス」。
玄武は、あまり聞いたことがないかも知れませんが
蛇が絡みついた「亀」です。
麒麟は云わずと知れた、あのビールのマーク・・・

東の河川は青龍の守護を受け
西の大道は白虎の守護
南の大池は朱雀の守護
北の山は玄武の守護を受け、その土地の災いを防ぎ、幸を呼ぶ。と。

東京に当てはめてみると
東の河川は「利根川」
西の大道は「東海道」
南の大池は「東京湾」
北の山は「大宮台地」
となります。

ずずんと遡って、平安京。陰陽や暦が日々の生活を大きく左右していた時代は
東の河川は「賀茂川」(元にあった川の流れを変えて、この位置にしたそうです)
西の大道は「山陰道」
南の大池は「巨椋池」
北の山は「船岡山」
となります。
ちなみにこの平安の時代、鬼門である北東の方角には
比叡山延暦寺。
内裏のある洛中においては、北東の位置には
安倍晴明の屋敷があり
鬼門封じの役目を果たしていたそうです。

もひとつ、ちなみに
鬼門は北東で、十二支に当てはめると「丑寅」の方角。
丑と寅。
寅のパンツと丑のツノ。どこか懐かしい鬼の造形ですね。
鬼の語源は「穏」(オヌ) 見えないもの、の意です。
目に見えない不安や恐怖を
こんな風に表現したんですね。



☆餅投げ

お祭りや新築の家の建前で行われる賑やかな行事ですが
これも五行の活用です。

白て丸い餅は「金の気」です。

ここから以前書いた、五行の「相生」「相剋」の働きで火事を防ぐ働きをします。

「金生水」 金の気は 水の気を生みます。
「木生火」 火の気は 木造の家の、木の気を燃やしてしまいます。

「水剋火」 金の気が生んだ水の気が 火の気を弱めます。
これが火事を防ぐ「火防せ」の働きです。でも・・・・

「金剋木」 金の気は 家の気そのものの、木の気を弱めてしまいます。
だから、餅なんですね。
食べることで、金の気を封じてしまいます。

でも、食べるときも注意。
「火剋金」 お持ちは焼いてしまうと、水を生んでくれた金の気を台無しにしてしまうので
焼くのではなく、たっぷりのお出汁で煮てくださいね~♪



と、いうわけで
現代にも、五行はあちこちに息づいています。

桃太郎のお話も、十二支のかかわりを示したりしています。
お供は 申・酉・戌 で鬼(丑・寅)を退治しに行きますからね♪


こんなふうに
五行や十二支が身近に感じられたり
四神は特に、漫画や小説・ゲームに使われてることも多いですよね。
もっともっと楽しんで
いろいろ探してみてくださいね(^^)



では次回 「四柱推命 基礎編」  お楽しみに~♪


                          白峰 朱蓮




スポンサーサイト
  1. *白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命"
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


第八回*白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命" :: 2008/10/29(Wed)

みなさんお待たせいたしました☆
朱蓮さんの蓮載、第八回目です。
始まり始まり‥‥‥


こんにちは 白峰朱蓮です。
今回は末広がりの第八回。
めでたい数字で、60干支の締めくくり。

「えと」最終回です。

お気楽にどうぞ~☆



前回、「十二支」のそれぞれの意味を書きました。
十二支は、一周めぐることで、
種まきから収穫までの農業の流れを示します。

その十二支は
年だけでなく
月、日、時間、季節、方角、を示します。

そして十二支にも、陰と陽があります。

子=陽支   丑=陰支
寅=陽支   卯=陰支
辰=陽支   巳=陰支
午=陽支   未=陰支
申=陽支   酉=陰支
戌=陽支   亥=陰支

というように、陰と陽が交互にやってきます。

この陰と陽の違い、一説には
その動物のつめの数が、奇数か偶数か、で分かれているそうです。
ねずみの爪が9、牛の爪が2とか・・・・・
正直、この説・・・よくワカラナイ・・・・です。

ねずみの爪は、9、でしょうか?
少なくとも、偶数ではないかと・・・・・ううむ。



以前、「五行」のところで書きました相剋。
一言で言ってしまうと、相性が悪い、ということになるのですが
(一概には、決め付けられないのですけど・・・)
十二支にもあります。

悪さにもいろいろランクがありますが、
一番影響が大きくて、一番悪いものをここで御紹介。
この関係を「沖(ちゅう)」といいます。
(沖の漢字の、さんずいの部分は、本当は「にすい」です。なかったので・・・・)

「子」は「午」を沖する(子の方が強い)
「丑」は「未」を沖する(丑の方が強い)
「申」は「寅」を沖する(申の方が強い)
「酉」は「卯」を沖する(酉の方が強い)
「辰」と「戌」は沖する(互いの沖する力は同じ)
「巳」と「亥」は沖する(互いの沖する力は同じ)

実際の動物がケンカするわけではないので
「うま」より「ねずみ」の方が強いですよ(^^)
生まれ年の十二支でも相性判断の材料になりますが、
一番影響するのは
生まれた日の十二支です。

生まれた日の十二支なんてわからないよ~、
という方は、無料でできる四柱推命サイトもいろいろありますので
生年月日等を入力して、
自分の生まれた年、月、日、時間の十干・十二支を調べてみてくださいね。
(くれぐれも、悪徳サイトにはご注意くださいね)





と、いうわけで
長~く回数を重ねた干支のお話も
ここまでです。
次回からは、ぐぐぐっと、四柱推命の基礎へと入っていきます!! えっ、まだ基礎!?

そこで
私の生年月日を見本にしていいよ、と云う方。募集してます(^^)

よろしかったら、私、白峰朱蓮のブログ「lotus & feather」にあります
メールフォームからご連絡くださいね。
使っていい呼び名・性別・生年月日時間だけでよいので、
よろしかったら、ご連絡ください。

ちなみに鑑定はいたしません。
本当に見本なので、聞きたいことがありましてもお答えできませんので
ご了承ください。


それでは次回より四柱推命基礎編
始まります。
これからもお付き合いよろしくお願いします(^^)


                         白峰朱蓮


  1. *白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命"
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


第七回*白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命" :: 2008/10/18(Sat)


こんにちは 白峰朱蓮です。

じわじわと回数を重ねて第七回。
お気楽にどうぞ




前回では、実は「えと」はカレンダーだったんですよ。
と、お伝えしました。

五行は「干(かん)」といいます。「甲子」なら「甲」の部分です。
「えと」は「支(し)」といいます。「甲子」なら「子」の部分です。

この組み合わせが60通りあるカレンダーですが、
この全体のことを
「60干支(かんし)」といいます。
「干支」 えと、です。

本来、「干支」というのは暦そのものに対する呼び名です。
では、現在「干支」と呼ばれるものは
「十二支」のことです。
いつしか、60干支のことが忘れられて
「十二支」のみが「干支」として残っていったんですね。




その十二支ですが
それぞれに意味があります。

今回は、説明よりも、ずらずらっと羅列していきますね。

子=種に水を浸して柔らかくなり、万物の命が育ち始める準備の姿
丑=湿った土の中で種が冬を越し、春を待つ姿
寅=春になって、地上に新芽を出す姿
卯=春たけなわとなり、万物が茂る姿
辰=大地を揺さぶるほど、根を張る姿
巳=万物が盛りをすぎ、実を結ぶ時期に移る姿
午=陰気が上がり、陽気と相逆らい交わる姿
未=未は味 万物が出来上がっておいしく味わう姿
申=万物の体が出来上がっていく姿
酉=秋の収穫した作物を加工して蓄える姿
戌=蓄える作物を土中に埋めて守る姿
亥=万物が次代の種になることの姿

種まきから取り入れを描いています。



十二支に対する月(数字は現在のG暦です)・時間・季節・方角

子=12月 23~1時  冬   北     旧暦11月
丑= 1月  1~3時  土用 北北東  旧暦12月 
寅= 2月  3~5時  春   東北東  旧暦1月
卯= 3月  5~7時  春   東     旧暦2月
辰= 4月  7~9時  土用 東南東  旧暦3月 
巳= 5月  9~11時 夏   南南東  旧暦4月
午= 6月 11~13時 夏   南     旧暦5月
未= 7月 13~15時 土用  南南西  旧暦6月
申= 8月 15~17時 西   西南西  旧暦7月
酉= 9月 17~19時 西   西     旧暦8月
戌=10月 19~21時 土用  西北西  旧暦9月
亥=11月 21~23時 冬   北北西  旧暦10月

北極と南極を結ぶ線を、子午線といいますね。
正午は、お昼の12時です。
午前・午後は、午の刻の前か、後か、です。
丑の刻参りの丑の刻は午前2時。
丑三つ刻は、午前2時半。
年賀状の言葉、「初春」は旧暦1月の慣例が残っています。
鬼門とされる丑寅(艮)は、北東。

まだまだ、日常に潜んでいますよ。

目にしたときに
ちょっと思い出すと
納得できることが、たくさんあると思います。





ではでは次回は「十二支と陰陽」です。
もう一回だけ、干支にお付き合いくださいませ~


                        白峰 朱蓮



  1. *白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命"
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


第六回*白峰朱蓮☆連載"四柱推命" :: 2008/10/11(Sat)

こんにちは 白峰朱蓮です。

あっという間に第六回。「四柱推命」
お気楽に、お気楽にどうぞ




前回、「えと!」と、!マークつけて終わりましたので
今回は「えと、とは何?」です。



子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

の12種類の動物たちです。
中には空想上の動物もいますが、説によっては
「だから龍は実在するんだ!」という根拠にもなりうるみたい。

諸説あるなかで
「1月から12月を意味する中国の文字を、音読みしたものが起源」
というのがなんとなく、納得しやすい。
とぉーい昔、字の読めない方にもわかりやすいように、考え出されたそうです。




まず、
あなたは、なにどし生まれですか?
と、聞かれたら
生まれた年の「えと」を言うと思います。

女の子だと、「丑年」ってちょっと言いづらかったり
男性は「うさぎ年」って、なんだか恥ずかしげだったり
(このあたりは、男性のおとめ座を彷彿とさせますが)
あと、何気ない会話の中で、相手の年齢確認に使ったり・・・・

と、現在では「えと」といえば、「年」をさすものとなってしまっていますが、
「月」にも、「日」にも、「時間」にも
「えと」はあります。

例えば、この文章を書いている今日、「2008年10月9日 午前1時」
この日付を「えと」にしてみると
「子(ね)年・戌(いぬ)月・午(うま)日 丑(うし)の刻」

この日付に、前回まで書いていた「十干」を組み合わせると

2008年10月9日は 「戊子(つちのえね)年・壬戌(みずのえいぬ)月・壬午(みずのえうま)日」

ここまで読んで、おわかりのかたも多いとは思いますが
「干支」って、日付です。
昔のカレンダーなんですね。

十干は10日で一回り。
えとは12日で一回り。
組み合わせは全部で120通り、つまり120日で一周するカレンダー

ではありますが、
いえいえ

陰と陽が絡んできますので、細かい話は抜きにして
陰は陰とのみの組み合わせ、陽は陽とのみの組み合わせにしかなりません。
(なぜ?とは聞かないで)

だから
半分の60通りの日付が繰り返されるカレンダーです。
一応、全部あげておきますね。

甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己巳・庚午・辛未・壬申・癸酉
甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・癸未
甲申・乙酉・丙戌・丁亥・戊子・己丑・庚寅・辛卯・壬辰・癸巳
甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯
甲辰・乙巳・丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑
甲寅・乙卯・丙辰・丁巳・戊午・己未・庚申・辛酉・壬戌・癸亥

の60通り。
ちなみに、来年2009年は「己丑(つちのとうし)」 2008年、戊子(つちのえね)の次ですよ。
来月は壬戌(みずのえいぬ)の次で「癸亥(みずのとい)」
明日は壬午(みずのえうま)の次で「癸未(みずのとひつじ)」

こんな風に、暦はできています。





それでは最後に、暦と「60」と聞いてピンときた方、
いらっしゃいますか?

それは「還暦」です。

人が、生まれた年に一回りして、もとの年に戻ってくること。
例えば甲子年に生まれた赤ちゃんが、
ぐるりと60年。
頑張って生きてきて、
また、甲子年になったとき、それが60歳の還暦のお祝い。

むかぁーし、昔、人の寿命がまだまだ短かったとき
60年生きることは
とても素晴らしい、お祝い事だったんですね。





漢字ばっかりで、画面が暗いですが・・・・・・
次回もまた、「えと」続きます~


                   白峰 朱蓮


  1. *白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命"
  2. | trackback:0
  3. | comment:2


第五回*白峰朱蓮☆連載"四柱推命" :: 2008/10/02(Thu)

こんにちは 白峰朱蓮です。

第五回「四柱推命」
お気楽に読んでくださいね。



今回は、前回に引き続き「五行と陰陽 その2」です。

世界がまず、「陰」と「陽」の二つにわかれました。

そして、以前お話しした「五行」
この五行の思想にも、陰陽思想は取り入れられました。
世界を構成する「木・火・土・金・水」
それぞれに、陰と陽があります。

木の陽 「甲(きのえ)」     木の陰 「乙(きのと)」
火の陽 「丙(ひのえ)」     火の陰 「丁(ひのと)」
土の陽 「戊(つちのえ)」    土の陰 「己{つちのと)」
金の陽 「庚(かのえ)」     金の陰 「辛(かのと)」
水の陽 「壬(みずのえ)」    水の陰 「癸(みずのと)」

カレンダーに載っている場合もありますよね。
見たこと、聞いたことはありませんか?

例えば、「丙午(ひのえうま)の女性は気性が激しい」とか、
     「庚申(こうしん)日」など。(申は干支のさるです)
     「壬申(じんしん)の乱」なんかは歴史の授業で習いますよね。
     あと、以前の通知表の書き方は、数字ではなくて
     「甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)」だったそうですよ。

暦がグレゴリオ暦になるまえの日本では
身近な言葉だったんですね。


まずは、ひらがなの「読み」に注目してください。

きのえ   きのと
ひのえ   ひのと
つちのえ  つちのと
かのえ   かのと
みずのえ  みずのと

陰と陽で、それぞれ語尾が同じなんです。
「え」と「と」

前回、陰と陽で様々なものを分けたとき、
陽に「兄」 陰に「弟」がありましたね。
そうすると
え=兄  と=弟

木の陽 「甲(きのえ)=木の兄」  木の陰 「乙(きのと)=木の弟」

五行において、陰と陽の関係は、このような関係になります。
「兄と弟」
やっぱりお兄ちゃんのほうが、力が強かったり、前へ出たりする。
弟は前へ出ることは苦手だけれど、足場をしっかり固めたり、サポートすることが得意。
という、陰と陽で、お互いを補い合う関係ともいえますね。


それぞれの意味はこうなります。

甲(きのえ)木の兄=大木      乙(きのと)木の弟=草花
丙(ひのえ)火の兄=太陽      丁(ひのと)火の弟=灯火・照明
戊(つちのえ)土の兄=山岳     己(つちのと)土の弟=田・畑
庚(かのえ)金の兄=鉄・斧     辛(かのと)金の弟=宝石・刃物
壬(みずのえ)水の兄=海・大河  癸(みずのと)水の弟=雨・川

兄のほうがスケールは大きいです。
でも、弟がいなければ、成り立たない。
そんな関係で世界が成り立っている。

この、五行を陰と陽で十個に分けたものを
「十干(じゅっかん)」といいます。

四柱推命では、まず
生年月日からこの十干の内、どの干を持っているか、
それを割り出すことから始まるので、
とてもとても重要です。




今回ちょっと難しい上に、抽象的・・・・ごめんなさい
反省します。


今回の文章で、途中、ピンッときた方、
いらっしゃいますか?
「え」と「と」、えと、干支! とか、
干支の話なんてしてないのに、なぜか出てくる「えと」の文字。

と、いうわけで、次回「えと」です!



                 白峰 朱蓮



  1. *白峰朱蓮☆蓮載"四柱推命"
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。