+ANGELS support+ ~天使のサポート






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


Angel Snow YUKI ☆「素敵なうふふ」Vol.2 :: 2008/11/16(Sun)

随分間を空けてしまいましたが
YUKIさんからのコラムをお届けです



今回は青と水色を取り上げます
1つの色にも多くの意味が含まれているのですよ‥‥☆


【青】 ★責任の強い色★

  ・仕事、お金、生活そのものに関して現実主義
  ・責任感が強く堅実
  ・言葉を飾るのが苦手な人が多く、率直で素直
  ・忍耐強く常識的な考えを持っているとき
  ・義務感を強く感じるなど先天的に長男、長女気質な人
  ・「~しなくちゃ」「しょうがないわね」が口ぐせ
  ・自然に内にこもっていくので内向的で保守的なとき

☆゜青があらわれている時は冷静沈着にものごとを考えられ
  るときです。また、ものごとを中途半端にできない
  律儀な面もあわせ持っています。
  �女は・・・。男は・・・。�という封建的な面も 。☆


【水色】 ★ロマンティックで人類愛の色★

  ・わけへだてない優しさ(人類愛)をもっている
  ・ボランティア活動に参加していたり興味があるとき
  ・「これでいいのかな?」という考えの癖があり
    後悔しやすい
  ・用心深く保守的なとき
  ・現実に対する不安感をもっているとき

水色の原型は青・・

☆゜青と水色は系統は同じで、時間の流れの中では比較的
  変化しやすい色といえます。
  青のきっちりしていることが重荷となったときに
  水色に変化することが多いためです。
  そのため水色は優しい色と同時に現実逃避の色とも
  いえるんです。                 ☆゜


水色の優しさは特定の人に向けられたものではなく
人や自然すべてに向けられた愛情なのでボランティア活動
などに関心のある人が多いようです。



Angel Snow YUKI
スポンサーサイト
  1. *Angel Snow YUKI ☆「素敵なうふふ」
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


Angel Snow YUKI ☆「素敵なうふふ」Vol.1 :: 2008/08/30(Sat)


みなさま、こんばんは★
Color Therapist ☆ Angel Snow YUKIさんから
「色」についての連載の贈り物です



◆Vol.1 『色の見え方にまつわる不思議な話』 ◆


高齢者施設などで働いてる方いらっしゃいますか?
もしいたら注意深く観察していただきたいお話。
豆知識として知っておいてほしいです★

人の目は皮膚と同じで日々日焼けをしていてね、
白内障・緑内障って言われるように年を重ねるのとともに
見分ける事のできる色の幅が少なくなっていくんです。

例えば・・
青緑・緑・深緑・ターコイズ・青という色の幅が同じような"青"に見えるとかね。

ある高齢者施設での話。

その施設のおばあちゃんが白いブラウスを着ていた日、
食事の時に食べこぼしてブラウスに染みがついちゃいました。
その後おばあちゃんがそのブラウスを着るたび染みは落ちていません。

スタッフからは『○○さんだらしないね』
『最近は洗濯もおっくうになっちゃったのかしら』という声がチラホラ。

でもおばあちゃん、本当はちゃんと自分で生活できるし
キレイ好きでおしゃれな方でした。
実はただ色の識別の幅が狭まっていただけだったのです。
洗濯もしっかりしていたのですがおばあちゃんには
白いブラウスについた染みが見えていなかっただけ。

同じ色を見ても白と言う人、薄いブルーと言う人、
グレーという人様々なんですよね。

必ずしも自分と同じように見えている人ばかりではないということ。
自分が見ているものばかりが絶対ではないってこと。
そんな冷静に考えればあたりまえなことに気づかせてくれました★




Angel Snow YUKI ☆「素敵なうふふ」


  1. *Angel Snow YUKI ☆「素敵なうふふ」
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。